浮気調査後にクロとわかっても、結婚生活を続ける人も多いと思います。

でも、ほとぼりが冷めて浮気が再開することもありますから、浮気を防止することは怠ってはいけません。
何より、自分の不安を払拭しないと結婚生活が楽しくないですよね。

私も結婚前に浮気をされた経験があるので、結婚してはや数年が経ち、子供も授かり幸せな毎日を送っていると私自身は感じているけど、夫はどう思ってるのだろう…
こんなふうに考えることは結婚してからよくありました。無口な夫なだけに、自分の気持ちを伝えることがあまりなく、不安に感じたことはよくあります。

私が夫が浮気をしていると感じた時にまず一番にすることは、あえて夫一人の時間を作りどう行動するのかよく観察します。例えば長めにお風呂に入っているのを装って携帯を触ったり電話していないかなど観察します。

そして次にすることは、携帯電話を肌身離さず持っているか確認します。家のソファの上や机の上に起きっぱなしにしていたり、寝る時も身から離して別の部屋などに置いている場合は可能性が低そうですが、携帯している時間が長ければ長いほど怪しいと思います。

これはみなさんしているかどうかわかりませんが、私はあえて当日までその日の予定を夫に詳しく知らせません。ぼんやりと○日に○○に行くということだけ知らせておいて、時間や場所は当日もしくは前日になってから伝えるようにしています。

これは、もし夫が浮気につながるようなデートまがいの予定を入れないようにするためです。基本週末やお休みの日は家族で過ごしますので、空いてる日があってもあえて予定は入っているけど時間は未定という私の都合を作っておくのです。客観的にみると、なんとも自分勝手な方法に思えますね…。
後者に述べた方法は、意外と使えると思います。

仕返し

結婚して25年、喧嘩も数え切れないほどしたり家を飛び出したりもした。子供達も大きくなって、気が付いたら夫婦二人の時間が多くなっていた。
色々な事があったけど、離婚しようとまで思った事は私も主人も(たぶん)無い。
今更ながら、掘り起こそうとは思いませんが、そういえばと思う事が多々浮かんできます。
結婚して3か月頃、わざわざ関西方面まで職場の人と出かけていた。携帯電話が無い時代だったので一度家を出てしまうと連絡が取れないので嘉悦て来るのをひたすら待つ。
そして主人は帰ってくる。その時は気付かなかったがその後も関西方面への出張が続いたある日、電話がかかったので出ると女性の声「主人は出張で出かけておりますが」と言うと黙って電話を切られてしまった。怪しいと思ったのはこの頃からである。

それからすぐに私は長男を妊娠したので、自分の体調と生まれてくる赤ちゃんの事で頭がいっぱいそして出産。その間も関西方面への出張は続いていた。
けって的証拠を掴んだのは二男が生まれた直後だ。実家に里帰りしている間に3泊四日の研修に行くという。いつものように送り出したが、携帯電話が普及し始めた時だったので着信履歴を見ればすぐにわかると思ったので見ようとするとロックがかかっていた。
そして毎年バレンタインデーになると、山本ちさこと言う名前でチョコレートが送られてきて消印は大阪だ。
この人誰?聞いてみたら会社関係の人だという。そのチョコレートは10年以上も続いた。

そこで私はカケに出た。チョコレートが送られてきた住所に主人の名前でホワイトデーにお返しを贈ったのだ。
ドンピシャで当たってしまった。連絡先を私の携帯電話の番号にして(妻にバレたのでココに電話をしてね)とメッセージを書いて。
彼女は私の携帯に電話をかけてきたのである「もしもし、○○くん?ありがとう」可愛い声だった。
私は無言で電話を切った。
それ以来どうなったかは知らないが、ただ主人が今は一生懸命働いて毎日優しくしてくれるし家事も協力してくれる。
それで私は充分幸せなのだ。
その後そのことに関して主人を問いただす事はしていない。
果たしてどのような関係だったのか聞くのもヤボなので、大人となった今は何事も無かったように日々過ごしている。怒らないのかと思うかもしれないが、実は私は確信を掴むまでに数々のカケをしてきた。

毎年欠かさず結婚記念日には花束を買ってくる主人に私も花束をお返しする。選んだ花は黄色いバラ、誕生日にはケーキを買ってくる主人に私もお返しをする選ぶケーキはアイスケーキ。そして出張の帰りには必ずお土産を買ってくる、その帰宅に合わせてわざわざ大阪からお取り寄せをして同じものを夕飯に出す。
鬼かもしれない、いや、私はあの時すでに主人を疑いはらわたが煮えくり返っていたのだろう。子供たちが小さいから家庭が壊れるのだけは避けようと思った。
これは夫婦の問題、私の挑戦。私の携帯電話をわざと主人の目の着く所に置く。そして知り合いの同級生から職場の人からの男性の着歴を入れておく。
そしてコソコソ話してみたりする。
主人が仕事帰りにアイスクリームを買ってくると、翌日には冷凍庫を同じアイスクリームでいっぱいにしたり。
他にも細かい事をオウム返しのようにしていたと思うが、今となっては私は笑い話で主人にとっては疑惑?未遂?それともシロ?
私は幸せを感じているのでどうでもいい。
結婚24年目の現在である。