不倫やギャンブルなど耐えられないことが、あっても見て見ぬふりをしたり、離婚を我慢する夫婦は多いものです。

そんな夫婦が子どもの目からはどう見えるのか。体験談を2つ投稿いただきましたので紹介します。

中学生の頃に気づいた父親の浮気

私が中学1年生の頃、20年前に遡りますが、幼いながらに父の浮気を勘付いてしまいました。

当時、携帯電話も普及しない時代でした。ある日曜日の晩、母は夕食後の洗い物、私はリビングで父とテレビを見ていました。

父が好まないバラエティー番組を見ているはずなのに、突然テレビのリモコンで音量を大きくしたのです。え?どうしたの?と聞こうとした瞬間に父が黙って2階へ階段を登って両親の寝室に入り扉を閉めました。

何か様子が変だなと感じ、1階にある電話を見ると、通話ランプが点灯していました。いつもなら、1階で電話するはずなのにと、悪寒がしました。

そっと階段下で耳を澄ましてみると、父の聞いたことないような甘い声が聞こえてきました。楽しそうな笑い声も。一体誰と話ししてるの?テレビでよく見る不倫?仲の良い家族なのに?一瞬にして頭がパニックになり、母に通話がばれない事だけを考えていました。

それから、父はゴルフを始め、近所の公園でパターも練習といっては21時頃から1時間程度外出するようになりました。もしかして女性と会っているのではと疑いだす自分がいました。

ついに母も様子が変だと気付いてしまいました。後に聞いたのですが、母は怪しいと感じて父の後をついて行ったそうです。公園で、女性と会っていたそうで、それも近所の同じ中学に通う男の子の母親だったそうです。PATの役員をしていた父は、会議や集会でその女性と急接近したそうで、一緒に帰ったり、2人で出掛けたりしている様子も目撃されていたそうです。

その場にいた同級生の母親が私の母に連絡したのがきっかけで、母も知ってしまったのです。それからは、何度も修羅場となり、母が密会現場に乗り込んだり、真相を突き詰めたそうですが、父は悪いことはしていないの一点張りだったそうです。

15年にわたり不倫関係は続き、また仮面夫婦を演じ続け、私が社会人になり、家を出た時、ついに母は離婚しました。今思えば、もっと早く離婚してくれればよかったなと思います。

おそらく子どものためだったと思いますが、子どもの立場からすると、仮面夫婦を見せられる方がよっぽど辛いのです。

ギャンブルの借金と不倫が原因で両親が離婚

20代のときに、親が離婚しました。私が10代の頃から酒癖が悪く、ギャンブル好き&女好きの父のせいで家は暗くて、居心地が悪かったです。

母から離婚したいと打ち明けられたとき、私は賛成しました。

ギャンブルで借金だらけでしかも不倫もしている父のせいで、家には取り立てが来るし、近所からは陰口を言われて最悪でした。

20代で私は実家から出て、一人暮らしをしていましたが、携帯電話に父からの着信があったりして、迷惑していました。
お金を貸してくれと頼まれて、とても情けなくなりました。

もともと父が大好きだったので、落ちぶれていく姿を見たくなかったです。

私が小さい頃はとても優しくて、仕事もちゃんとする父でした。

それがどんどん堕落して、目つきも人相も変わってしまいました。
だから、余計に悲しかったです。

母と父はなかなか話し合いがうまくいかず、結局、裁判になりました。
私が出来ることは母の愚痴を聞くくらいでした。

離婚したと聞いたときはとても嬉しかったです。
こんな家庭だったので、親が離婚していない友達がうらやましかったです。

大人になって、結婚というのは色々なことが重なると、人を変えてしまうものなのかなと思うようになりました。
付き合いや責任が増えて、ストレスが溜まるのかもしれませんね。

↓ナンバーワン興信所の取材記事はこちら↓