妻や夫が不倫しているとわかった場合、誰でもショックを受けます。

全てが嫌になったり、自暴自棄になってしまう人も少なくありません。

でも不倫が発覚した今だからこそ、やらなければいけないことがあります。

証拠の確保

不倫が発覚しても、このまま結婚生活を続けていくのか、とりあえず別居するのか、話し合いをするのか、離婚するのか。

すぐには決めきれないと思います。焦る必要はありません。

しかし、どんな結論を出すにせよ証拠は確保しておきましょう。

離婚にせよ、結婚生活を続けるにせよ、今後のあなたにとって証拠は心強い武器になります。

これはどの弁護士や探偵に相談しても同じことを言います。

例えば、相手のLINEのやり取りをみたなら、LINEのトーク画面を表示して自分の携帯で撮影しましょう。

人に話を聞いてもらう

不倫されたら、誰だって気が動転します。

「死にたい」「何も信じられない」という精神状態になったり、仕事や家事が手につかなかったり。

そんな状態でいても良いことは1つもありません。

できれば自分が信頼できる人に相談しましょう。離婚や慰謝料請求を考えているなら弁護士へ相談することも必要です。

慰謝料を請求するかどうか決める

もし慰謝料を請求するつもりなら、興信所に依頼して確実な証拠を抑えることをおすすめします。

不倫されていることがわかったら、すぐに相手に事実を確認したくなります。

勘違いや思いすごしという場合もあるからです。

でも、相手を問い詰めたところで本当のことを言ってくれる保証はありません。

むしろ嘘をつかれる可能性の方が高いでしょう。しかもそれ以後は決定的な証拠を取られないように警戒もされるでしょう。

調査が難しくなり慰謝料請求するための証拠を取れなくなります。

本人を問い詰めるのは最後

ここまでの準備を終えてはじめて不倫をした夫や妻と話し合いをします。

この時、どういう話をするかはあなた次第です。

「許せない」という自分の感情をぶつけるのか。

不倫された後の対応は穏やかなほうが上手くいくといったよくあるアドバイスに従うのか。

不倫された人の体験談などを読むと、同じような経験をしていても感じ方や対処法は様々です。

離婚せず仲良しに戻った夫婦もあれば、離婚しなくとも仮面夫婦のような家庭もあります。もちろん、すっぱり離婚したという人もいます。

証拠の確保や冷静になることは必要なのは共通ですが、落ち着いた後にどういう行動を取るべきか正解はありません。

他人の意見に惑わされず自分の気持ちに正直に行動してほしいと思います。

↓ナンバーワン興信所の取材記事はこちら↓