興信所でもっとも依頼の多い内容は夫や妻の浮気調査です。配偶者の浮気は不倫になり慰謝料を取れるということは誰もが知っていることだと思います。

では結婚はしていないけれど婚約者の浮気の場合はどうでしょうか。

婚約者が浮気をして婚約破棄にいたった場合も、慰謝料は発生します。ですから、婚約者が浮気をしているかもしれないと思った場合は、探偵に相談してみましょう。逆にただの彼氏と彼女の関係だとどれだけ付き合いが長くても、慰謝料問題にはなりません。法的な責任追及はできないので調査をしても事実を把握できるだけで慰謝料も調査にかかった費用も相手には請求できません。

興信所には婚約者からの相談もありますが、こちらは相談の結果、依頼につながり調査を開始することも珍しくありません。しかし、彼氏彼女という場合はたいてい調査にかかる料金や慰謝料を取れないということを知り、あきらめる人がほとんどです。実際、浮気調査を考える時点で、二人の信頼関係はかなり怪しくなってきているわけですから、調査などせず別れるのが正解とも言えるでしょう。
しかし、結婚や婚約をしてしまっている場合は、お金がかかっていたり、浮気をされた時の精神的ショックも大きいため、慰謝料を獲得したり今後の関係をどうするか熟考するために調査をするのが良いと言えます。

婚約っていつから?

問題はどのような時点で婚約者になるのかということです。

結婚しているかどうかは婚姻届を出して戸籍に載ったかどうかですぐに明らかになりますが、婚約の場合は通常そのような紙はありません。中には婚約書なるものを作るカップルもいるかもしれませんが、稀でしょう。

浮気をしているかどうかは調査報告書でだいたい明らかになりますが、いざ裁判となった場合は、「婚約などしていない」と浮気をした側から反論が出ることが多いのです。

男女のカップルではピロートークやメールなどで、「将来結婚しようね」「ずっと一緒にいようね」などの約束が交わされることもありますが、これでは法的に婚約したと認定されることはありません。

婚約が成立する場合とは、通常、結納を済ませたとか、結婚式場を予約したなどの事実が重要視されています。

実家への挨拶や仲の良い友人への紹介を済ませただけだとかなり微妙でしょう。

そのような場合はたとえ婚約が成立していると仮定しても、経済的損害はそれほどありませんし、慰謝料の額も低額になることが予想されます。

婚約者の浮気調査の料金と婚約破棄の慰謝料相場

結婚をしていようが、婚約だけであろうが、浮気調査にかかる手間暇や費用は基本的に変わりません。したがって、興信所の料金で紹介したのと同じ決まり方です。

つまり1日の調査で10数万円かかるわけですから、費用対効果は婚姻している時以上に、慎重に考える必要があります。

離婚となれば慰謝料の他に養育費や財産分与がありますが、婚約破棄の場合はそれらも当然ありません。もし慰謝料の金額が低ければ調査費用により、赤字倒れとなる可能性もあるわけです。

婚約破棄の慰謝料相場ですが、だいたい100万円以内に収まることが多いようです。

結婚式場の費用などは、数百万円することも珍しくありませんが、事前にキャンセルすれば数十万円以内で済むことが大変ですし、離婚の場合と違って戸籍に傷はつきません。そういったこともあってそれほど高額にはならないと考えておいた方が良いでしょう。

逆に結婚式当日に破棄された場合などは、話が変わってきます。

当然、結婚式の費用は全額かかりますし、親族や友人の前で多大な精神的苦痛を味わわされたという事情も加味されます。

場合によっては離婚の慰謝料を超えるケースもあるでしょう。

さらに婚約指輪や結納金の支払いがあった場合はそれ(代金)を返還するよう請求することもできます。ただし、婚約破棄の原因(浮気や一方的な解消)が相手にある必要があります。相手の浮気の場合はもちろん空いてに原因があるので問題ありません。