夫の浮気が発覚した場合、離婚を考えるケースとそのまま、婚姻関係を継続する場合があると思います。離婚をした場合は当然、夫と不倫相手に慰謝料請求することになりますね。また、離婚をしないとしても相手の女性には慰謝料を請求したり、二度と夫に近付かないように誓約書を取りたいという人も少なくないはず。

しかし、浮気が発覚したら、それだけで慰謝料や誓約書を取れるというわけではありません。損害賠償するには、不倫の証拠が必要です。たとえば、あなたの前で夫が浮気を認めたことがあったとしても、それだけでは慰謝料が取れるとは限りません。いざ、損害賠償請求したら、とぼけることは少なくないのです。200万、300万払うとなると、人間惜しくなるのでしょう。大金ですからね。

相手が支払わない場合、結局、裁判をするしかありません。そして、相手が認めない以上、裁判所には、証拠を見せないと、どうにもなりません。

ですから、浮気が発覚しても、すぐに相手を問い詰めてはいけません。先に、証拠をつかむことが大事です。

どんな証拠が必要なのか

不倫の証拠と言っても、携帯メールやLINE、facebookのメッセージ。本人の自白。友人の目撃証言など色々あります。しかし、これらはどれも決定的ではありません。

現在、裁判所では、心の浮気を不貞行為とは認めていません。あくまで肉体関係があったのかなかったのかが重要です。そのため、夫と不倫相手がたとえばラブホテルを出入りしているところの写真や映像が必要になってきます。ちなみに一緒に入るところの写真だけでは、これも決定的とは言えません。なぜなら、「入ろうと思ったけど、やっぱり浮気を辞めてすぐに引き返して出てきた」と反論される可能性があるからです。

不倫の慰謝料を確実に取るためには、出てくるところの写真もとり、一定時間、二人でいたということを証明する必要があります

「そんなの無理!」と思う人も多いのではないでしょうか。たしかに、条件が厳しすぎると私も感じます。しかし、これが今の司法の現実です。証明責任は訴える側にあるので疑わしいというだけでは敗訴してしまいます。頑張って証拠をつかむしかありません。

逆に言うと、だからこそ探偵という仕事があると言えます。探偵は浮気の証拠をつかむプロですから。