インターネットが普及する前は、ポストに入れられたチラシや電話帳から探偵に依頼する人が多かったのですが、最近はどの興信所も、もっぱらホームページからの集客が増えています。

飲食店と違い興信所は、頻繁に利用するものではありません。1回興信所を使ったら、その後の人生ではもう使わないという人がほとんどのはずです。そのため口コミは発生しにくいのがこの業界の特徴です。

ただ、ホームページで自社をアピールしようとしても、探偵の実力というのは目に見えづらいものです。料金の安さをアピールしたくても、調査対象者の所在場所や調査時間、動員する探偵の数によって大きく変わるので、一律に示すことはなかなかできません。

その結果、他社を批判することで自社の優位性をアピールしようとする興信所が最近目立っています。

たとえば「他社の興信所はカメラ機材がしょぼい」「うちは完全成功報酬制だが、A社の制度は偽物」などと批判します。しかし、少し考えればわかることですが、他社のカメラがどんなものかは普通わかりません。結局、想像で書いているだけなのです。しかも「他社」「A社」という書き方をしても、一般消費者にはわかりません。

それでも、ホームページを見た人は、ここまで自信満々に書いているのだから、すごそうな興信所だと錯覚してしまうのです。

できたばかりの興信所や、詐欺業者と比較して「自社はすごい」と自慢しても、実は何もすごくないのです。しかも実力を自慢しているような興信所は、一見安そうなホームページの謳い文句とは裏腹に実際に依頼してみると非常に高額であったりします。「うちは安い!」と言いながら平然と何百万という料金を請求してきます。安い!だの完全成功報酬制!だのアピールしている事務所よりも、きちんと1時間○万円と明確にホームページに記載している興信所の方がずっと信用できます。

また、当サイトの見解では、大手の興信所であれば、実力の差はそこまで大きくありません。

それよりも大事なのは、興信所の代表者の姿勢です。

自社のアピールばかりするような人間よりも依頼者のことを第一に考えるような人間に依頼すべきです。

いくら、調査力がすごくても「はい。これが証拠」と報告書を渡してくるような探偵はダメです。浮気をされているかもしれないと悩む相談者の気持ちに寄り添おうとする人に相談してください。また証拠を確保した後もアフターフォローしてくれるところが良いです。

結局、浮気の証拠をつかむというのはスタートラインにたったに過ぎません。

それをもとにして、離婚や慰謝料請求に進むのか、それとも復縁の方向で頑張るのか。方向性を決めてそれに対する有効な手段を模索するのがずっと重要な話です。