私はパート勤めの45歳の女です。主人は2歳年下の43歳でイベント会社の営業の仕事をしています。

今の主人と再婚して10年になりますが子供はいません。3年の交際期間を経ての再婚だったのですが、休日には夫婦で食事やショッピングや旅行などを楽しんでいました。

ずっと仲良くやってきたと思っていたのですが7年前に主人が転職してから少しずつすれ違いになって行くことが多くなりました。

新しい仕事の休みは不定休で、土日が休みの私とは休日が合わなくなってしまいました。

さらに仕事の日は帰宅が遅く10時より早く帰ってくる事もなくなってしまい、食事もバラバラに食べるのが当たり前で私が先に就寝する事も当たり前になっていました。

それでもたまに休みが合えば一緒に出かけたりしてケンカをする事もなかったのですが、ある日、自動送金で振替になっている住宅ローンの引き落としの通帳を記帳しに行ったところ、ATMで月に数回の現金が引き出されていることが分かりました。

主人が引き出したことは間違いないだろうと思い、帰宅を待って聞いたところ、勝手にお金を下ろした事を認めました。

何に使ったのかと聞くとパチンコで使った、悪かったと言われました。

私はその言葉を信じてもう勝手にお金を下ろしてパチンコに行かないで欲しいと頼んで約束してもらいました。

これで収まったと思っていたのですが、1ヶ月ぐらいして本当に大丈夫かなと主人の財布を見てしまいました。すると財布の奥に避妊具が入っていました。

一瞬言葉を失いましたが、お風呂から出てきた主人に問いただした所、最初はとぼけていましたがスマホも見せてと詰め寄ると主人と同じイベント会社に勤務する35歳のバツイチの女性と不倫をしている事を認めました。
だからあんなに帰りが遅かったのかと思ってショックでした。

いつも優しくて誠実で熱心に何回も結婚を申し込んでくれた主人だっただけに本当に辛くてその場に座り込んで泣きました。裏切られたショックと悲しさで涙が止まりませんでした。

その場で主人に、忙しくて私とも一緒にいる時間も減ってしまってどうかしていた、済まなかったと土下座をして謝られました。

簡単に許すことは出来ない事を伝えると一生をかけて償うからそばにいて欲しいと言われました。私も離婚したいとまでは考えていなかったので1回だけは、と思うことにしました。

すぐに相手の女性とは別れたらしく、帰宅も少し早くなる日が増えました。それからは家事をせっせとやってくれたり、仕事帰りにスイーツやワインを買って来たりして私に気を遣ってくれています。

それから2年が経ちました。

すると、だんだん慣れてきたのか、また帰りが遅くなってきました。

怪しいと思った私は、また主人の財布や携帯をチェックしましたが、財布は特に怪しいことはなく、携帯はロックして見れませんでした。

本人に聞くのが怖かった私は、興信所を使うことにしました。

浮気していないか心配だったのですが、なんと副業でバイトしていることが発覚しました!

主人に聞いてみると、「2年前の浮気を私が気にしているのがひっかかっていた」「彼女に使ったお金を本業とは稼いで返せば少しは気が晴れるかもしれない」

とのことでした。

私は主人を疑っていた自分がが馬鹿らしくなりました。そして私に内緒でバイトなんてしていた主人も馬鹿だなあと思いました。浮気調査で60万円ほど使いお金はトータルでマイナスですが、事実がわかって気は晴れました。

あの時のことを思い出したら今でも辛くなりますが、ずっと優しくしてくれる主人のことを根に持つのももう疲れました。

この辺で許して残りの人生を夫婦で楽しく過ごしていきたいなと思うようになりました。これからも主人と楽しくやっていきたいです。

↓ナンバーワン興信所の取材記事はこちら↓