私はごくごく平凡な会社員です。彼は年上の27歳、良いとこ勤めのサラリーマン。東京と千葉のプチ遠距離から交際スタートし、交際2年目で両親との顔合わせも済み、婚約。

私が東京にある彼の家に転がりこむ形で上京しました。

同棲がスタートした頃は、生活リズムも同じでとても仲良く生活していたと思います。

彼が会社の忘年会に行き、私が家で留守番していた日のことです。彼と他愛なく、「飲みすぎないようにね」「大丈夫、もう少しで帰る」とLINEで、連絡をしていました。

するとしばらくして返信に、「LINEはロックかけてるからバレないよ~(笑)」と身に覚えのない返事がきました。

嫌な予感しかしませんでした。

彼の帰りを待つも、知りたくない気持ちとモヤモヤする気持ちで葛藤していました。0時を回った頃、酔った彼が帰宅しました。

いきなり、さっきのLINEは何?と聞くのもどうなんだろ・・・と思い彼の反応を窺ってみることにしました。

すると彼は、何も知らないかのように、いつも通りのテンションで話しかけてきたのです。もしかして自分で送ったことに気づいてない?と思いました。

彼が起きて、酔っていない冷静な時に話し合おうと思いモヤモヤするまま眠りにつきました。彼の携帯を見る覚悟はまだありませんでした。

翌日、土曜日の朝でした。朝食を作り、コーヒーを淹れ、いつもと変わらない朝でした。

覚悟を決め思い切って聞いてみました。「昨日のLINEは何?」

彼は本当に何のことか分かっていないようでした。私の携帯を見せて再び問いました。

言い訳を考えていたのか黙った彼に間髪を入れずに、「携帯見せて、やましいことがないならすぐに見せれるよね、ロック解除して」と捲し立てるように言いました。

口の上手い彼だったので、言いくるめられないように私も必死でした。

バツの悪そうな顔をした彼は、最初こそプライバシーまで見せる必要ないし俺はこんなLINE送った気はないと否定していましたが、それでは納得できないと私も譲りませんでした。

ようやくあきらめたのか見せてくれたLINEは、予想を超えて真っ黒でした。こんなに傍に私がいながらよくもこんなに沢山の女性と連絡がとれたな~と関心さえしてしまいました。

会話の内容から、SNSなどで知り合ったであろう女性達からの連絡は、自分の体を映した写真やイチャイチャした会話の内容ばかりで本当に心が痛く、彼が心底気持ち悪く感じました。「彼女さんがいない時に家に行ってみたい」というLINEに対して、「いいよ」と返す彼の神経が最も利きました。

彼の言い分としては、ただの暇つぶしで本当に好きなのはお前だ、とよくありがちなメロドラマのようなセリフでしたが心がもう彼を拒絶していました。

もちろん同じ屋根の下で共に暮らしていながら、他の女性に浮ついている心も許せなかったですがそれよりももっと、沢山の女性を「暇つぶし」と称し本気にさせるかのような連絡をとっている彼の根性も許せなかったです。

一事が万事、女性を馬鹿にしている彼をどうしても受け入れられませんでした。

二度あることは三度あるというように、きっと彼は「暇つぶし」で刺激が無くなったらまだやるんだろうなと思いました。

ただ、婚約したということもあり、もう一度だけ信じてみようかと思いました。

彼には許すと伝え、しばらく様子を見ることに。

1ヶ月くらいは家にも早く変えるようになり、不自然なほど私に対しても優しい対応でした。

ところが徐々に気が緩んできたのか、元通りに。

頃合いをみて素行調査をすることに。探偵事務所に相談にいき契約しました。

結果は案の定クロ。

これでキッパリ別れを決意できました。

荷物を纏めるときは寂しい気持ちでしたし、楽しい時間を思い返すと今回は私が折れても・・・とも考えましたがそれももう辞めました。

男女間の関係はどちらかの愛が覚めるとまたその愛を燃やすのは相当大変だと思います。信頼関係は築くのに時間がかかるのに、壊すのは一瞬です。

私も情に負けて、私さえ許せば元に戻るとも思いましたがまた1からやり直すには彼を信用していない心からのスタートです。私には耐えられないと思い身を引きましたが、間違っていなかったと思っています。

婚約解消ということで彼には150万円ほど支払ってもらいまいした。探偵費用で60万ほどかかりましたが、貯金もできたし、今はもう吹っ切れています。

↓ナンバーワン興信所の取材記事はこちら↓