探偵事務所への依頼内容で一番多いのが夫の浮気調査でした。

しかし、最近は、女性が結婚をしながら不倫するケースも増えており割合が毎年増えてきています。

そして妻の浮気調査の結果はクロというケースがほとんど。本来男性は鈍感なはずなのに、興信所に依頼する時点で、旦那が相当怪しいと感じているはずですから当然と言えば、当然の結果です。

ただし、浮気していることがわかった後の行動は人それぞれ違います。特に離婚をするか婚姻関係を継続するかどうか、不倫相手の女性や男性に慰謝料を請求するかどうかが決定的な違いです。

復縁を選ぶ人が多い

夫が浮気をした場合。
即離婚。こう考えている人も多いようですが、実際に浮気調査をしてパートナーの浮気を直視した人がたいてい選ぶのは復縁の道です。

特に最近になって離婚よりも復縁を選ぶ人が増えています。およそ7割の人が離婚よりも復縁を選ぶのです。これはやはり時代とともに国民全体の収入が落ちてきていることが影響しているためです。

相手が不倫を反省し謝罪しているような場合、離婚してそれぞれが経済的に苦しい生活をするよりも、許して仲直りし今まで通りの生活を選ぶ方が良い考えても不思議ではありません。

逆に妻が浮気をした場合。
これは、子どもの有無や年齢で結論が変わることが多いようです。

日本の司法では、たとえ妻の不倫が原因で離婚をしたとしても妻側が親権を持つことがほとんどです。

そうすると、夫側としては不倫をされた上、子どもとも暮らせなくなるという現実が待っています。これが嫌で復縁を選ぶ人が多いのです。

また、子どもがいなくても、妻に対して許せる気持ちがある場合は復縁に至るケースもあります。

復縁の場合、あなたが妻側でも夫側でも必ずやらなくてはいけないことがあります。

それが浮気相手に慰謝料請求をきちんとすることと、本当に別れたかどうかの行動調査です。

浮気相手に対して慰謝料請求をしないと、相手には何も実害をこうむっていないことになります。

それだと、時間がたってから不倫が再開するケースが本当に多いです。配偶者がもう不倫はしないと決心していても、一度はそういう関係になっていた相手から何度もまたやり直そうとアプローチされると心は揺らぎやすいものです。

そうならないように、不倫相手にはきっちり慰謝料を払ってもらい二度と近づかせないことです。
その点、不倫相手に慰謝料請求をすれば100万以上のお金を払わせることになるので、まともな感覚の持ち主であれば「相手にも迷惑をかけるし配偶者にも悪いのでもう不倫はやめよう」と考えます。そういう意味で、男女問わず、慰謝料請求することはおすすめです。

もう1つの別れた後の行動調査も大切です。

本当に不倫を続けていないか、他に怪しい行動がないか確認しておかないといけません。そうしないと、あなた自身も安心できないはずです。

>>行動調査に強い興信所一覧

離婚を選択する理由

逆に、浮気が発覚して離婚を選択する場合

  • 浮気するしない以前に夫婦関係がうまくいっていなかった
  • 離婚後の生活に特に不安がない
  • 子どもがいない
  • 浮気発覚後も反省がない又は薄い

というパターンが多いです。

不倫相手の女性や男性に慰謝料を請求するかどうかは、依頼者の性別によって大きく異なります。

依頼者が女性の場合、離婚するとしてもしないとしても相手の女性に慰謝料請求する人がほとんどです。逆に男性の場合は、不倫相手の男性には特にアクションを起こさない人も相当数います。

女性は不倫相手の女性の責任を重く見るのに対し、男性は悪いのはあくまで妻という考えを持つ人多いのです。

もちろん男女ともに、相手が不倫という事実を知らなく過失もないと言えるような場合は、慰謝料は請求できないわけですが、日本の裁判所で過失がないと認められるケースは非常に少ないので、その点はあまり考える必要はありません。

>>慰謝料請求ができるケース

復縁後に必要なこと

復縁して、慰謝料請求をした後に気をつけてほしいことがまだあります。

気をつけて欲しいのは、特に男性が不倫した場合に多いのですが、不倫相手の女性に慰謝料を請求したのに、結局、男性が裏でお金を渡しているというパターンです。これでは、家からお金が出て行って、また戻ってきているだけです。結局、不倫をした女性側は何も損をしていません。

そういったことを防止するために、夫には釘をさしておく必要があるでしょう。もちろん警告をしても、実家から金を借りるなどして裏で渡されたらこっちにはわかりようがありませんが、何も言わないよりマシです。

次に大切なことは浮気の原因を考えることです。「浮気をした夫や妻が悪い」というのは当然なのですが、原因をきちんと考えなくては、時間がたてばまた再発してしまいます。子どもが生まれてセックスレスになったとか、新婚当初と違ってお互いにおもいやりがなくなったとか必ず原因があるはずです。

子どもが生まれたら相手には構っていられないとかいうのもわかりますが、結婚すると決まった時はお互い相手のことを一生大切にしようと誓っていたはずです。

初心に戻ることが夫婦関係を良好に保つ秘訣です。

逆に一番やってはいけないことは、いつまでも不倫の事実を責めることです。きちんと謝罪を受けるなり慰謝料をもらうなりしたら、後は綺麗サッパリ忘れて二度とそのことは口にしないことです。しつこくしていては二人の間の雰囲気が悪くなりますし、相手だけでなく自分自身も当時の辛い気持ちを思い出し、いつまでたっても前に進めません。