どれだけ、優秀な探偵であっても、調査をしたその日に対象者が浮気相手と接触しなければ証拠は取れません。

不倫をする日があらかじめわかっているのであれば、確実な日を指定して調査をしてもらえるので、費用も最小限で済みますが、会う日がわからないというのが普通です。

その場合、対象者が動き出すまで、何度か調査をしていくほかないわけですが、どこまで調査を継続すべきかは難しい問題です。

仮に対象者が週1回程度、不倫をしている場合、調査日に浮気をする確率は7分の1です。これは相当低いですね。下手をすれば7日間連続で調査をして、最後の日にようやく調査が終了するということになります。

費用は総額100万円を超えるはずです。1日当たりの調査時間にもよりますが、150万とか200万以上かかる可能性も十分あります。

調査を3日におさえる理由

では、調査は何日間までならすべきでしょうか。

もちろん、依頼者の希望とかけられる費用によって変わりますが、当サイトでは長くても3日までだと考えています。

  • 探偵の費用は高いので長期間の依頼はすべきではない
  • 3日間なら安いところであれば50万円以内でおさまる
  • ピンポイントで1日にはしぼれなくても、日頃の行動を観察していれば3日程度には絞れるはず

まず興信所の料金は当サイトでも何度も書いてあるとおり、みなさんが思っている以上に高いの現状です。

そして料金は、調査時間(日数)×探偵の人数できまります。動員する探偵の人数は基本的に変えられないので(調査が容易なら2人程度、難しければ3人以上)、安くしようと思えば調査時間を削るしかありません。

当サイトでおすすめしているTS探偵社の場合、1時間1万6200円なので8時間依頼すると13万円くらいです。3日間の依頼なら40万円程度です。これくらいであれば頑張れば準備できる金額です。業界の相場は100万くらいですが、これは少し費用をかけすぎです。

もちろん1日や2日で証拠を取れればそれがベストですが、1日調査をやってダメだったらすぐあきらめるというのもおすすめできません。

真実がわからないままだとずっと気になりますし、不倫の慰謝料が離婚しない場合でも100万円程度取れるということを考慮すると、その半分の50万円くらいまでなら必要経費と考えることができます。

逆に調査が長期化した場合、たとえ証拠が取れても費用倒れしてしまう可能性があります。100万円以上の費用をかけて証拠を取ったのに取れた慰謝料が100万円だけということに万が一なったら泣くに泣けません(さらに慰謝料請求するためには弁護士費用などがかかることも忘れてはいけません)。

ですから、よほど経済的余裕がある方をのぞいて50万円程度を限度として調査を依頼し、それで証拠が見つからなかったら不倫はなかったと納得するというのも賢い選択といえるのではないでしょうか。