大学時代のことです。同じサークル内で、付き合っている人がいました。
彼は、数ヶ月前まで別の学部の子と付き合っていたのですが、その時から私と親しくしていました。
二人が別れて、すぐその連絡があり、彼から告白されました。私も彼のことが好きになっていたのでOKし、付き合い始めました。
ですが、サークル内では前の子と別れた事は知られていないため、その事を話し、すぐ私と付き合っていると思われるのが嫌ということで、暫くは内緒にしていたのです。
私は、早く公表して堂々としたい気持ちもありましたが、そこは我慢しました。秘密を共有しているのも、スリルがあって楽しかったからです。
数ヶ月が経ち、そろそろ皆にも話したいなと思い彼に話したのですが、やんわりかわされてしまいました。
そんなある日、サークルの後のことです。数人で夕飯を食べていると、後輩の一人が彼に
「先輩、昨日○○に居ましたよね!一緒に居たの、新しい彼女ですか?」と聞いたのです。
しどろもどろ答える彼。そう、なんと既に彼は別の子と付き合っていたのです。
私や仲間の前で急に聞かれ、とても困っているようでしたが「そう。」と言っていました。
サークル内では、前の彼女と別れて既に新しい彼女と付き合っているとなったのです。その間に私が居たことを知る人は居なく、ただただ悲しくて堪りませんでした。
その後、彼から連絡があって話をすることに。恋人としてではなく、友人として大事な存在と言われました。
とても悔しくて堪らなかったですが、私もサークルが好きだったので、その事を公表して気まずくなるのも嫌で結局泣き寝入り。
今思い出しても、悔しい思い出です。

↓ナンバーワン興信所の取材記事はこちら↓